孤毒の果て

成人後自閉症スペクトラム、アル中・双極性障害とも診断される診断された当事者ブログ。孤独な男。このブログはゲーム主にPS4、Division FF15 LetItDieをプレイ攻略したり、商品レビューしたり、料理したりしてる。。ASDの愚痴戯言ブログです。しかし幸い私には孤独に対する強固な迄の耐性がある。

プリズナーズを見た。

プリズナーズ [Blu-ray]

 

2010年に発表した「灼熱の魂」が第83回アカデミー外国語映画賞にノミネートされ、世界的にも注目を集めたカナダ人監督ドゥニ・ビルヌーブのハリウッドデビュー作。娘を取り戻すため法をも犯す決意を固めた父親の姿を描いたサスペンススリラー。家族で幸せなひと時を過ごすはずの感謝祭の日、平穏な田舎町でひとりの少女が失踪する。手がかりは少なく、警察の捜査も進展しないなか、少女の父親は証拠不十分で釈放された第一容疑者の証言から、彼が誘拐犯だと確信。自らの手で娘を助け出すため、一線を超える決意をする。父親役にヒュー・ジャックマン、事件を担当する警官役でジェイク・ギレンホールが主演。

ながらで見てしまってた。多分面白い、また見ると思う。

感謝祭。ホームパーティ中に子供が二人も消える。近所に駐車していた不審な車(RV)が、怪しいとなる、RVはすぐ見つかり。

運転手は一度勾留するが、運転手は10歳程度の精神状態の男。

証拠は掴めず勾留が終わりRVの男は身内のBBAの迎えで開放される。開放時、消えた子供の親ケラーがRVの男につかみ掛かる。
勾留何も言わなかった男は「僕が居る時は泣かなかった」という。

ケラーは犯人がRVの男だと疑う。

その後も開放されたRVの男を追い続けるケラー、RVの男が感謝祭の時子どもたちが歌っていた独自の替え歌を口ずさんでいるの聞いて、その歌を知っている=子どもたちと会っている=RVの男を犯人だと確信する。

父親は、RVの男を拉致・監禁して拷問するも、RVの男は会話が成立せず。拉致があかず更なる拷問部屋、箱に入れ熱湯をかけるが、それでも。RVの男は語らない。

 

警察が、新たな新容疑者を見つけ自宅に行くと血まみれの子供服や蛇が見つかる。

部屋には迷路だらけ。勾留するが事情聴取中に銃を奪い自殺。

血まみれの衣類の中に子供と同じものが見るかり死んだかと思うも。

 

二人の内1人は発見される。

ケラーはこの子と話しす、監禁中ケラーを見たと話す。

ケラーは飛び出して行く、RVの身内の家に行く。

ビンゴ。BBAが犯人だった、拳銃をで脅され、自ら手錠をして、薬物入?ドリンクを飲まされ、庭の穴に落とされ蓋をされその上に車を止められる。ケラー穴の中で笛を見つける。

BBAケラーの娘を始末しにいく。注射器で最後の瞬間、刑事が着て相打ち。

刑事怪我、BBA死亡。

 

ラスト庭から笛の音が聞こえて終了。

刑事ロキがフリーメイソンの指輪をしているらしい、もう一回見ないとダメだな。