孤毒の果て

成人後自閉症スペクトラム、アル中・双極性障害とも診断される診断された当事者ブログ。孤独な男。このブログはゲーム主にPS4、Division FF15 LetItDieをプレイ攻略したり、商品レビューしたり、料理したりしてる。。ASDの愚痴戯言ブログです。しかし幸い私には孤独に対する強固な迄の耐性がある。

Evernote 俺式ノートブックの分け方、使い方。

Evernote 俺式ノートブックの分け方、使い方。

試行錯誤して今のノートブックの分類の仕方が一番管理がしやすいので紹介する。 タグは使用しない。ノートとノートブックの考え方と使い方だけで整理する。

俺が失敗した使い方。

使い込んでもいないのに、使うだろうと想定でノートブックをいくつも作り。新規ノートを各ノートブック内で作成していた。最初から使い方を想定して聞こえは良いがこれはダメな使い方だ。真似してはいけない 後にノートブックにアクセスした時、ノートが完成済みなのか、未完なのかわからないのだ。 ノートブック=カテゴリーの認識で使いたいわけだが、カテゴリーにアクセスしても完成された情報と中途半端なものが混在していて非常に使いづらい状態になっていった。 タグでフラグを付ける方法もあるが、そうすると完成されたノートに全部完成済みと付く。これはうざい。 未完のノートのみに排他的にタグを付ける事も検討したが、タグは別の事で使いたいので意味のないタグは辞める事にした。 さらにダメだったのは、ノートブック内にある現在編集中のノートがEvernote全体で把握出来ない事だった。 ノートブック内に現在いると言うことは、他のノートブック内を同時に見れない。 似た様なノートブックで同じ内容を2度書いている事もあった。 ノートの更新日でソートし判断も考えたが、スマホからEvernoteのノートにアクセスしただけで更新される糞仕様だったのでこれもアウト。今も閲覧しただけで更新日が変更されるのかは知らない。もうしばらく更新日でソートしていないからだ。

ノートブック分け作業以前に、ノートの新規作成から見直す事にした。

作業専用ノートブックを作る。

名前は何でもいい。俺は作業専用ノートブックをinBoxにしている。 これがアカウント作成時に自動で作られたのか、後から自分で名前を変えたのか覚えていないがinBoxと言うなのノートブックで作業するようにしていた。

inBoxの意味

《主に米国で用いられる》 (机上に置く)到着[未決]書類入れ.

ノートブックタイトル自分で判断できれば何でも良いが、外部アプリケーションと連動時に日本語だと文字化けを起こすアプリがあったので日本語はできるだけ避けている。

新規ノート作成と編集は専用のノートブックだ、全てのノートはここから作りここで完成させてここからカテゴリー分けしてノートブックへ移動させる。

ノートブックは完成されたノートしか置いてはいけない。

inBox以外のノートブック内では原則編集は禁止する。

例外的に、ノートブック分けが終わって完成されたはずのノートも後で、編集が必要な事がある。 ノートブック内でのノート編集はこの時だけ行う。俺はこの時タイムスタンプを押してコメントも追加する。

使う予定がないノートブックは作らない。その他はダメだ。ゴミ箱と同じだ。

使う予定がないノートブックは作らない。 ノートブックの名前はノートが先にあれば自ずと出てくる。

その他はダメだ。 見るわけがない、Evernote全体の情報純度が落ちる。さっさと削除しろ。 何処にもカテゴライズできない場合はノート自体が完成されてない。まだまとまっていないのかもしれない。 ノートブックではなくもう一度ノートを見直す。完成出来ないならずっとinBoxに置いておけばいい。 その為の作業中のノートブックなのだ。

俺式Evernoteの考え方と整理の仕方

考え方

  • Evernoteは部屋と考える
  • ノートブックは現実世界のファイル(ここでファイルと使うとややこしいが紙のファイルだバインダーと言っても良い)
  • ノートは紙1枚

使い方

作業はinBox内で行う。新規ノート作成は必ずInBoxから開始させる。 編集中、メモ中はinBoxから移動させてはいけない。 メモを取り終える。ノートが完成したら、適切なノートブックへ移動させる。

忙しい時やタイミング次第ではinBoxが溢れかえる事があるが焦ってはダメだ。

  • inBox内にノートが沢山ある=同時に進行している事が多い。
  • inBox内にノートが少ない =同時に進行している事が少ない。

と考える。時間のある時に一つづつ完成させて分類させていく、ここで手を抜くと後に後悔する。 大丈夫だどんなに忙して進行中ノートが増えても荒れるのはInBoxだけだ。

解説

これを徹底すれば、InBox以外のノートブックには完成されたノートしか存在しない事になる。=ノートブックにはしっかりとカテゴリー分けされた価値のある情報だけがある。

inBoxノートブックは意味の通り机上と捉え、ここにあるノートは編集中だと認識する。ノートを待機中はいくら編集しても良い。徹底して編集してクオリティの高いノートを作る。 ノート作成途中で必要ないノートだと気がつく事もある、その場合はinBoxにある内に削除する。

現実世界で考えるといい、本棚にあるファイルに初っ端から中途半端なメモを閉じるか?普通はある程度まとまってから閉じるだろう。作業するのはちゃぶ台やデスクの上だ。完成していない途中なら冷蔵庫やどこかに貼り付けて進行中と分かるようにする。それと同じだ。

Evernote豆技50選 (Espresso Books)

Evernote豆技50選 (Espresso Books)

できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド

できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド