読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤毒の果て

成人後自閉症スペクトラム、アル中・双極性障害とも診断される診断された当事者ブログ。孤独な男。このブログはゲーム主にPS4、Division FF15 LetItDieをプレイ攻略したり、商品レビューしたり、料理したりしてる。。ASDの愚痴戯言ブログです。しかし幸い私には孤独に対する強固な迄の耐性がある。

【読書管理サービス】電子書籍と紙媒体の本とKindleを管理をどうするか

電子書籍 読書

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

目次

過去の自炊記事

kotokunohate.hatenablog.com

kotokunohate.hatenablog.com

以前は本を自分で裁断してドキュメントスキャナーでPDFファイルをスキャンしてEvernoteに保存しipadmacで本を読んでいたが、この数年で読書スタイルが変わってきて管理できなくなってきた。

管理できない3つの理由

理由1。中古の100円の文庫本を読む事が増えた

ブックオフや古本屋で100円コーナーで適当に本を買って読む事が増えた、昔から音楽もそうだが俺は作者単位ですべて購入したいタイプだ。しかしエッセイや小説をわざわざ自炊してPDFファイルに保管する気が起きない、一度読めばほぼ本棚行き。

理由2。Kindleの購入

kindleの購入が一番大きな影響だ、全く自炊しなくなった。Kindleストアセールやポイント還元、更にはmaciPhoneiPadKindleのフリーアプリがあり、クラウドで管理されている、iPhoneで読んでいたページを自動で記録しmacで開くと先のiPhoneで読んでいた場所を開ける。便利過ぎて自炊が面倒になった。

理由3。自炊の機会が減った

上記の理由1,2で自炊する機会そのものが減った、今までほとんど参考書しか本を読まなかった。本を購入して裁断、スキャンする理由は牽引できるからだった。しかしKindleで解決できてしまう。かと言ってすべての本がKindleストアにあるわけでもないので稀に自炊する。

中途半端な本の管理状態

上記の3つの理由・読み方・紙媒体のまま、Kindleストアで購入した電子書籍データ、自分で自炊してPDF化と。3つに大きく分けられてしまった。今までは自炊のみ自炊したデータはEvernoteでPDFを添付ファイルにして保管し読み終えたら、読んだ日付とコメント。重要ページをメモしておいたが、現状3つの読み方があるため一言管理できてない。前々から気がついていたが、もはやどの本を読んでいるのか読んでいないのかわからない状態だ。

読書管理サービスに頼る。

条件は2つ

  • スマホだけのアプリは対象外。
  • PCからスマホから管理できるサービスである事。

スマホだけのアプリはバックアップも取れなそうだしまず俺はスマホをほぼ使わない、外出時用の簡易PC程度にしか考えてない、家にいるときはほぼ触らない。PCとスマホ両方で見られるこれは大事だ、家のPCで読書管理をして本屋で本を買うときコレもしかしたら1度読んでないか?と確認するためにはスマホ対応かつPC対応でないといけない。

読書メーター

elk.bookmeter.com

かなり有名なサービスなのか?しかしスマホアプリがお粗末すぎる。レビューも2017/02/11現在☆2である。

f:id:kotokunohate:20170211132409j:plain

スマホに専用アプリがあるが文字がでかすぎる。PC版はログを取っておくだけならいいかと言った感じだがスマホアプリは酷い。

WEB本棚サービス ブクログ

f:id:kotokunohate:20170211132406j:plain

http://booklog.jp/

本以外にもDVDやCDのログ記録できる。そしてデータをエクスポートできるらしいが、読書したデータを登録を全然済ませてないのでエクスポートは試してない。ファイル形式不明。しばらくブクログを様子でつかってみるか、

f:id:kotokunohate:20170211132407j:plain

f:id:kotokunohate:20170211132408j:plain

スマホアプリはバーコードスキャン可能。

最後に

この記事を書いてて思ったが、読書管理サービスはググればいくつも出て来るが、サービス終了等を考えると、自分でルール付してEvernoteで管理するか、はてなブログに単純レビュー記事を毎回書いておけばPCでスマホでもみれる・・・。どうするか迷うな、本当につまらない作品というのは、感想を書く気すら起きない、そんなものをブログに載せても仕方がない気がするが、やはりそれでも記事にすべきか・・・。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]